佐賀バルーンフェスタ組織委員会
会長   水町 博史
 

2000佐賀インターナショナルバルーンフェスタを開催するにあたり、一言御挨拶申し上げます。
1980年から始まりました佐賀の大会も21回目を迎えることとなりました。例年11月20日前後の5日間開催してきましたが、熱気球がより安全に着陸でき、また農作業にもよりご迷惑を掛けない時期ということで、21回目にして初めて11月上旬に大会を移行致しました。そのため、大会準備の方も例年に増して早く、しかもスピードアップして実行して参りましたが、どの様な雰囲気の大会になるのか多少の不安もありますが、それ以上の期待感で胸を躍らせております。しかし、この大会を大いに盛り上げてくれるのは、世界中から集まってくる熱気球とバルーニスト、そして嘉瀬川河川敷に応援に来て頂く多くのお客様であります。今年も素晴らしい大会になる様に、バルーニストには上位を目指して頑張って頂きたいし、お客様には熱気球にイベントにと大いに楽しんでもらいたいと思います。
さて、最後になりましたが、この大会を開催するにあたり、佐賀県・佐賀市・熱気球大会佐賀運営委員会の皆様、また特別協賛を頂きました本田技研工業株式会社他御協賛各社様、並びに熱気球の離発着で御理解・御協力を頂いております地元の皆様には厚く御礼申し上げます。