NetCom SAGA Association
Activity report

NetComさが推進協議会「平成13年度決算総会」議事録(2002/06/19)


NetComさが推進協議会会則第6条の規定に基づき開催し、下記議決事項について
総会出席協議会会員の過半数の議決を得た。

--------------------------------------------------------------------
・日 時   平成14年6月19日(水) 午後4時〜午後5時

・場 所   佐賀新聞社 本社 5F大会議室

・主 催     NetComさが推進協議会 理事長 田中 稔

・出席者   全会員81団体・法人中 *出席会員は45団体・法人 *参加人員は66人

・議決事項    1.NetComさが推進協議会会則等の一部改正
         2.理事会および事務局の改変
         3.平成13年度NetComさが推進協議会の活動実績
         4.平成14年度NetComさが推進協議会の活動計画
          
・配布資料   主要事項は以下に掲載している。
--------------------------------------------------------------------




式  次  第

1.NetComさが推進協議会会則等の一部改正     *協議会<議決>事項

  (1)会則の一部改正  *改定後全文を添付

  (2)会長設置規約の一部改正


2.理事会および事務局の改変              *協議会<同意>事項

  (1)理事会の改変

  (2)事務局の改変


3.平成13年度NetComさが推進協議会の活動実績   *協議会<議決>事項

  (1)実験事業相関と実施内容


4.平成14年度NetComさが推進協議会の活動計画   *協議会<議決>事項

  (1)実験事業の相関(継続事業+新規事業)

  (2)新たな推進体制

 ※参考資料:NetCom+SNIインフラ図(2002/05現在)

1.NetComさが推進協議会会則等の一部改正 *協議会<議決>事項
(1)会則の一部改正
*改正内容
 @会員任期の撤廃
 A理事会への佐賀県企画部の参画
 B顧問、監査役の廃止
 C理事職務の整理
 D理事会員任期の撤廃
 E第三者機関による監査の実施(可能性付与)
 F会則施行日の変更
*改正理由
 @協議会の組織力を活かし、今後継続的に「佐賀県IT化」「研究開発」「社会と学校の融合」「アジアとの連携」などに取り組む必要性が高まっているため
 A佐賀県と協調しつつ「佐賀県新地域情報化推進計画」を推進していくため
 B理事会の意志決定を迅速に行うため




(2)会長設置規約の一部改正

*改正内容
 @任期の撤廃
 A会則施行日の変更

*改正理由
 @NetComさが推進協議会の官民一体機能を今一層強化するため
 A官民一体のもと「佐賀県新地域情報化推進計画」を推進していくため



2.理事会および事務局の改変 *協議会<同意>事項

(1)理事会の改変
   @佐賀県企画部の理事会への参画                *根拠は会則第7条
   A指山弘養氏(佐賀県商工会議所連合会会員)の理事長への就任   *根拠は会則第8条
   B田中稔氏の顧問(*第10条で規定する顧問)への就任   *根拠は会則第10条



(2)事務局の改変

  @浅川スタッフ、菰田スタッフの退任
  A佐賀県企画部部員の就任



3.平成13年度NetComさが推進協議会の活動実績 *協議会<議決>事項

(1)実験事業相関と実施内容 *注 実施概要は、矢印(→)以下に記載している。   
◎実績報告はNetComさが推進協議会ホームページにて随時開示する



4.平成14年度NetComさが推進協議会の活動計画 *協議会<議決>事項

(1)実験事業の相関(継続事業+新規事業)
 *注 現時点で事業実施が決定している場合は、矢印(→)以下に事業概要を記載している。新規事業は赤字、継続事業は黒字。

◎協議会としての予算編成は行わず各プロジェクト毎に関係者が国等の助成を活用しつつ事業を推進する。
◎活動状況について、随時ホームページや電子メール等で会員に報告する。



(2)新たな推進体制

*変更ポイント
 @各プロジェクトの運営形態を「グループ制」から「プロジェクト制」
  に移行する。
 A佐賀県企画部と協調し、「佐賀県 新地域情報化推進計画」の実現を
  促進する。

*プロジェクト中の実験事業に関する留意点
 @実験事業の主な実施目的は2点。
  ・フィージビリティスタディ(=実用化検討)
  ・プロトタイプ開発
 A実験事業間のシナジー(=相乗効果)を最大限に引き出す運営を心がける。
 B実験事業ごとに実施期間を設定する。




参考資料:NetComインフラ+SNIインフラ図(2002/05現在)