NetCom SAGA Association
News Release

佐賀バルーンフェスタ組織委員会とNetComさが推進協議会がバルーン情報を発信!
News Release
平成12年10月20日

佐賀バルーンフェスタ組織委員会とNetComさが推進協議会が
バルーン情報を発信!

*** 高速・大容量のNetComインフラを利用し、会場アナウンスを生中継 ***
*** バルーンサポート情報で、選手・役員、観客をサポート ***

 佐賀バルーンフェスタ組織委員会(会長 水町博史)とNetComさが推進協議会(理事長 田中稔)は、今年11月1日(水)から5日(日)まで開催される「2000佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の動画像・音声や関連情報などを、高速・大容量通信が特徴のNetComインフラで県内に発信するとともに、インターネットを利用して世界中に情報発信する。
 プロジェクト名は「Balloon2000@NetCom」。

 高速・大容量通信を特徴とする[NetComインフラ]をPRするために、佐賀市内のメートプラザ、佐賀市立図書館、パケット(エスプラッツ4F)の3ヶ所にサテライト会場を設置する。これらの利用者は、高速・大容量通信インフラでしか実現できないバルーン競技や会場風景の“スムーズな動画像・リアルタイムの音声”を自由に閲覧することが出来る。

 動画像は、佐賀シティビジョン鰍フ協力でインターネット専用に編集されたテレビ番組と、嘉瀬川バルーン会場で撮影したVTRをNetCom NOC(ネットコム オペレーション センター)にて編集・デジタル化したあと、NOCのコンピュータに収納される。利用者はNetComインフラを介して、見たいときに自分のコンピュータに動画像データを取り出し再生することが出来る。

 また、会場のアナウンスをRealVideoを利用して、ライブ中継で全世界に生放送を行う。これにより、より一層会場の臨場感を伝えることが出来る。

 今回、佐賀市が市街地にサテライト会場を設置するなどし、地元への経済効果をねらっていることをサポートすることや、選手・役員と地元産業の橋渡しを行なうために、「バルーンフェスタサポート情報」を新設。宿泊・飲食・お土産・その他の情報を掲示板に書き込むなどの情報掲示の場を提供する。

 その他にも以下のバルーン関連情報およびサービスを提供する。
@2000佐賀インターナショナルバルーンフェスタの概要
A競技結果の速報
Bバルーン会場周辺の交通情報配信(iモードでも情報提供)
C競技の開催・中止情報(iモードでも情報提供)
Dデイリーニュース(コラム記事)

 インターネットアドレスは、http://www.netcom.gr.jp/balloon/、iモード用アドレスは、http://www.netcom.gr.jp/balloon/i/ 。バルーンの事前情報については、既に提供を開始している。
 
 インターネットを利用した「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の情報発信は、今年で6年目となる。「1999佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」公式ホームページへは、昨年11月中だけで世界42ヵ国からでは約782,231件のアクセスがあった。

 
[バルーン関連お問合せ]
 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ組織委員会
 ホームページ担当
 森 清志
 Tel 0952-33-3955
 Fax 0952-33-3977
 E-Mail sibfo@po.saganet.ne.jp
[システム関連お問合せ]
 NetComさが推進協議会事務局
 Balloon2000NetCom担当
 緒方 俊彦
 Tel & Fax 0952-28-7588
 E-Mail ogata@po.digicomm.co.jp