NetCom SAGA Association
News Release

新年度からインターネット授業が開始


 県教委は、十一年度から「ネットコムさが推進協議会」の光ファイバー通信網
を活用し、インターネットを使った教育方法の研究に乗り出すことを二十三日、
明らかにした。
 郵政省と文部省が取り組む「先進的教育用ネットワークモデル地域事業」の
指定を受けたもので、県内の小、中、高校十九校が高速、大容量の回線を駆
使したインターネット授業や学校でのパソコン活用法などを三年間かけて探る。

 このうち、県内では佐賀市、唐津市、武雄市、伊万里市のケーブルテレピ(C
ATV)四局を高速、大容量の光ファイバ−でつないでいる「ネツトコムさが」
の通信網を使用することが決まった