NetComさが推進事業の概要


 

NetComさが推進事業が目指すもの

○NetComさが推進協議会のビジョンは、先端の情報インフラの開発
 とその利用技術を結集することによって、ひとつの電子コミュニティを
 つくろうというものである。

○NetComさが推進協議会の使命は、企業・団体の業務革新を推進す
 ることにより、ひいては地方自治体、教育、ヘルスケアそして家庭とい
 った社会全般にも恩恵が及ぶような広範で高速なコミュニケーションシ
 ステムと情報サービスの構築を促進することである。

 

1.NetComさが推進事業の概要
(1)NetComさが推進事業とは
(2)NetComさが推進協議会組織
(3)実施期間
2.NetComインフラの概要
(1)NetComインフラの特徴
(2)NetComインフラの敷設エリア
3.大手企業との技術提携による共同研究事業
(1)インフラ活用案件グループと共同研究の相関
(2)共同研究の実施モデル
4.他の情報化計画との協調
5.NetComネットワークの民営化準備

 


1.NetComさが推進事業の概要


(1)NetComさが推進事業とは

NetComさが推進事業のポイント
 
 1.法人,団体のネットワーク活用振興
  → インフラ活用案件の公募、教育ネット、ギガネット
 
 2.地域の高速イントラネット+インターネットの構築
  → 民営化移行(高品質、低価格)
 
 3.不特定向けインターフェイス、コンテンツ流通実験
  → NetCom共同実験(EC、NCTV、etc...)

 

先頭へ戻る


(2)NetComさが推進協議会組織

理事会
本事業運営の意志決定を行う。
理事長: 田中 稔
事務局
本事業を円滑に運営する。
事務局長: 西村 龍一郎
インフラ接続グループ
物理的なインフラを整備するグループ。
グループ長: 大野 裕志
ネットワーク整備グループ
ネットワークを管理・運営するグループ。
グループ長: 溝口 正昭
コンテンツ・アプリ開発グループ
NetComインフラを使い、様々なインフラ活用案件を
実証するグループ。
グループ長: 浅川 達夫、菰田 秀三、八谷 浩司
課金・決済グループ
未組織
共同研究グループ
EC(電子商取引)などについて、地元企業
・大手企業と共同で研究するグループ。
組織中

協議会会員数 114法人・団体

58法人・団体
63案件

先頭へ戻る


(3)実施期間

平成10年度から平成12年度までの3ヶ年度間 (1998年4月〜2001年3月)とする。

先頭へ戻る


2.NetComインフラの概要


(1)NetComインフラの特徴

先頭へ戻る


(2)NetComインフラの敷設エリア

佐賀県全域をカバーし、高速性、双方向性、常時接続、そして経済性を共にかなえる「データ通信網」です。
佐賀新聞社に設置しいるネットワークオペレーションセンター(以下 NOCと呼ぶ)と唐津CATV、伊万里CATV、武雄CATVの間は、NTTとQTnetにより6Mbit/secで専用線接続しています。
佐賀CATVとNOC間は、100Mbit/secでLAN接続しています。
佐賀新聞インターネットの各市アクセスポイントとNOC間は、1.5Mbit/secで専用線接続しています。
佐賀新聞インターネットとNOC間は、100Mbit/secのLAN接続しています。
インターネットへの上位接続は、佐賀新聞インターネットのバックボーン13.5Mbit/secを経由しています。
さらに、ギガビットネットワークとNOC間は、50Mbit/secで専用線接続しています。


ギガビットネットワークの詳細は
http://www.mpt.go.jp/pressrelease/japanese/tsusin/980921j501.html
を参照して下さい。

先頭へ戻る


3.大手企業との技術提携による共同研究事業


(1)インフラ活用案件グループと共同研究の相関

NetCom共同研究(基礎研究)は、事務局が直轄する。その研究成果は利用者に還元される。
それぞれの共同研究(基礎研究)は、下記の会社を中心としたJVにより行われる。
三菱電機情報ネットワーク 株式会社とは、電子商取引の構築および稼働研究を行う。
株式会社 ドリーム・トレイン・インターネットとは、放送と通信の融合(NCTV)の研究を行う。
東京書籍株式会社とは、教育コンテンツの流通の研究を行う。


先頭へ戻る


(2)共同研究の実施モデル


○各共同研究は下記の実施モデル図に当てはめることができる。

先頭へ戻る


4.他の情報化計画との協調


先頭へ戻る


5.NetComネットワークの民営化準備


本年度中を目処に、オペレーション+R&D部分を実験終了後運営していく民間組織
を作ることを計画しています。
2001年4月以降、この民間組織へ運営をスムーズに移行する予定です。

先頭へ戻る


Copyright (c) 1999 NetComさが推進協議会(NetCom SAGA Assocation)
本ホームページの情報及び著作権はNetComさが推進協議会に帰属します。
お問い合わせnetcom@po.digicomm.co.jp