NetComさが推進事業の概要

NetComさが推進事業が目指すもの

○NetComさが推進協議会のビジョンは、先端の情報インフラの開発
 とその利用技術を結集することによって、ひとつの電子コミュニティを
 つくろうというものである。

○NetComさが推進協議会の使命は、企業・団体の業務革新を推進す
 ることにより、ひいては地方自治体、教育、ヘルスケアそして家庭とい
 った社会全般にも恩恵が及ぶような広範で高速なコミュニケーションシ
 ステムと情報サービスの構築を促進することである。

 


1.NetComさが推進協議会の事業概要
  (1)実験事業の変遷
  (2)実験事業の特徴と体制
2.平成14年度NetComさが推進協議会の活動実績
  ・実験事業の相関と内容
3.平成15年度NetComさが推進協議会の活動計画
  ・実験事業の相関と内容
 
※参考資料: NetCom+SNIインフラ図(2003/05末現在)

1.NetComさが推進協議会の事業概要


(1)実験事業の変遷





(2)実験事業の特徴と体制

@事業手法の特徴は下記4点
  a.商用化可能性調査とプロトタイプ開発に特化
  b.執行予算は各プロジェクト毎に確保
  c.実験フィールドとしてNetComインフラを利用
  d.実験結果のフィードバック(商用への移行など)を実施


A実施体制
  ・2002/06改訂



先頭へ戻る


2.平成14年度NetComさが推進協議会の活動実績



・実験事業の相関と内容  注:重複記載案件あり。(*)印

先頭へ戻る


3.平成15年度NetComさが推進協議会の活動計画


・実験事業の相関と内容


先頭へ戻る


参考資料:NetComインフラ+SNIインフラ図(2003/05末現在)


*最近のネットワークオペレーションセンター(NOC)の改良ポイント
 @4系統のバックボーンに接続し、BGP化(瞬断回避)を実現
 Aバックボーンの総容量を250Mbpsに拡大
 BAPNIC加盟によるグローバルアドレスの確保

先頭へ戻る


Copyright (c) 2003 NetComさが推進協議会(NetCom Saga Development Project Committee)
本ホームページの情報及び著作権はNetComさが推進協議会に帰属します。
お問い合わせnetcom@po.digicomm.co.jp